WEBマガジンVol.19

この記事の公開日:2018年06月11日

webマガジンバックナンバー

メディカルリサーチ株式会社  WEBマガジンVol.19

今年もいよいよ梅雨入りの時期となってまいりました。
どうしたら雨の日も気持ちが滅入らずに過ごせるのか・・と、
考えてしまう毎日です。

今回のメールマガジンでは、
そんな「雨」が体にもたらす影響についても少しご紹介させて頂きます。

ぜひ、最後までお付き合いください。


【ご案内】無料面談 ご予約受付中です!!

弊社では、案件数の増加、事案難易度の高度化に対応すべく、
弁護士の先生方からのご相談に医師と専門スタッフでお応えする
「医療面談サービス」の充実化に取り組んでおります。

毎月先着2件のご依頼に限り、通常21,600円にて行っている
「医療面談サービス」を無償で提供させていただきます。

医療面談では争点の整理だけでなく、
昨今の医療現場の現状や、医療水準に照らし合わせながら、
かつ争点の明確化や主張すべきポイントの整理、
必要書類の確認なども含めサポートいたします 。

今後も科学的根拠に基づいて厳正中立な立場での医療精査を行ってまいります。
少しでも医療を取り扱う先生方のお力になれましたら幸いです。

▽https://www.medicalresearch.co.jp/news/2017/853/


【ご案内】医療過誤案件の理解に役立つ! DVD販売のご案内

医療事件に取り組むためには、弁護士の先生方にも、
医学の基礎知識を身につけておくことが求められます。

そこでこの度、
死因として常に上位で医療過誤のトラブルになりやすい、
「 脳 卒 中 」に関する医療過誤案件の理解に役立つ情報を解説したDVDが
7月1日、株式会社レガシィ社より販売されることになりました!!

弊社 顧問医である中嶋 浩二 医師(脳外科医)が
徹底的に分かりやすく解説しております。

見やすいカラーのレジュメと用語解説付きです。
是非、今後の案件処理にお役立て頂ければと存じます。

詳細は追ってお知らせいたします。


【ご案内】弊社代表取締役 圓井 順子 書籍出版のお知らせ

これまで弊社で取り扱った様々な交通事故・医療過誤・意思能力案件について、
弊社が独自の視点で問題の本質を分析し、1冊の書籍にまとめたものが、
本年7月末に河出書房新社より発売することが決定いたしました。

犬も歩けば棒に当たると言いますが、
人も歩けば、法律に当たると実感されることはないでしょうか?

平穏な日々の生活は、実は法律問題とすぐ隣り合わせでありながら、
いつ自分の身に起きるか予測できるものではありません。

実際の当事者たちの思い、弁護士の先生方の見解、
これまで2000件を超える事案を取り扱ってきた弊社が導き出した
結論に至るまでのプロセスを纏めています。

いつかは書籍化したい。
そんな長年の構想を経て、読み応えのある1冊に仕上がる予定です。
ささやかではございますが、下記日程にて出版記念会を催す予定です。
ご参加ご希望の方は弊社までお問合せください。

日時:2018年9月13日(木) 18時30分より
会場:日比谷松本楼
主催:メディカルリサーチ株式会社
発起人:寺井 一弘 先生(日本弁護士連合会元事務総長)
:佐藤 俊彦 (メディカルリサーチ株式会社 顧問医)

※日程が7月から9月へ変更となりました。
関係各所の皆様方へは詳細な案内を追って事務局よりお送りさせて頂く予定です。

▼https://www.medicalresearch.co.jp/


【トピックス】気候がもたらす体への変化 「気象病」とは?

雨が降りそうになると、関節が痛くなったり、頭痛を感じたり・・
天気の変化で不調を感じたら、それは「気象病」かもしれません。

「気象病」は大きく分けて二つあります。

一つは、めまい・肩こり・イライラといった不定愁愁訴。
検査しても特段原因が見つからないことが多く
普段から、自律神経が乱れがちな人は注意が必要です。

もう一つは片頭痛や関節痛など、持病が悪化するパターン。
この「気象病」の引き金になるのは、気圧、気温、湿度変化。

梅雨どきを少しでも快適に過ごすため、有効な対処法を少しご紹介します。

■頭痛■
気圧の変化による交感神経の興奮が原因で、
交感神経が興奮し、収縮した血管が反動で拡張することにより、
痛み神経が刺激されるというしくみです。

気象の変化による片頭痛の予防には意外にも
「酔い止め薬」が効果的。

痛みが出たら、首の後ろや額、眉の下の辺りを冷やすと痛みが弱まります。
また、マッサージや入浴は、体が温まり、血管が拡張するので、
片頭痛には逆効果との説もあります。

■関節痛■
症状は特にひざに出やすく、
変形性膝関節症や関節リウマチなどの持病がある人は、
雨が降る前に痛みを訴えることが多いと言われています。

対処法として、エアコンを使う時は、風がひざに直接当たって冷えないように、
ひざ掛けなどで守る。ひざが痛んだら温めることもポイントです。
痛む所にカイロを当てたり、手でさすったりするだけでも効果があるそうです。
ただし炎症していたら逆効果になることもあります。

どちらも痛みが自制内でないときは、お早めにしんさつをお受けください。

皆様が快適に梅雨を乗り切れるよう、お祈りしております。