WEBマガジンVol.18

この記事の公開日:2018年04月10日

webマガジンバックナンバー

メディカルリサーチ株式会社  WEBマガジンVol.18

春風に吹かれ、桜の樹も若葉を揺する季節となってまいりました。
メディカルリサーチ株式会社は、医療事故や交通事故受傷、
はたまた民事意思能力等の医学分野に関わる事案について、各専門医とともに、
医学的観点より客観的に原因の究明、鑑定評価をすすめて参ります。

本日のメールマガジンでは久々の「真実を読む」シリーズもございます。
最後までお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。


【ご案内】無料面談 ご予約受付中です!!

弊社では、案件数の増加、事案難易度の高度化に対応すべく、
今年度より弁護士の先生方からのご相談に医師と専門スタッフでお応えする
「医療面談サービス」の充実化に取り組んでおります。

そこで毎月先着2件のご依頼に限り、通常21,600円にて行っている
「医療面談サービス」を無償で提供させていただきます。

医療面談では争点の整理だけでなく、
昨今の医療現場の現状や、医療水準に照らし合わせながら、
かつ争点の明確化や主張すべきポイントの整理、
必要書類の確認なども含めサポートいたします 。

ご希望の方はお早めにご連絡ください。
今後も科学的根拠に基づいて厳正中立な立場での医療精査を行ってまいります。
少しでも医療を取り扱う先生方のお力になれましたら幸いです。

▽https://www.medicalresearch.co.jp/news/2017/853/


【真実を読む】小児における高次脳機能障害の症例

小児における頭部外傷は、
事故直後からこれまでにない問題行動が出現するパターンと、
就学前においては、社会との接点や対人環境が増える就学時に学習障害や
周囲との関係構築における問題が目立ち始めるケースとがあります。

これらは稀な事案ではありませんが、
MRIや事故後の意識レベルに問題がない判断され、
後遺障害の認定結果は非該当となるケースが多くみられます。

しかし、放射線科の専門医が再度、画像を読影する、
或いは新しい検査を施すことで新たな所見や
適切に診断されていなかった問題が明確になることがあります。

今回は、放射線科医の読影結果と追加実施された検査により、
臨床専門医が症状との関連性を明確に証明し、
児に起きている症状が高次脳機能障害であると位置づけた一例をご紹介いたします。

事案概要
事故当時、小学3年生の男児が自転車にて右折するところ
直進してきた乗用車に衝突し4メートル程度跳ね飛ばされ、
頭部を打ち付け救急搬送された。

事故直後から「落ち着きがない」「怒りっぽい」などの症状が出現。
事故時の頭部MRIでは、n.p(問題なし)とされ、
後遺障害認定では「非該当」であったため、弊社にて医療精査を行った結果・・

続きはこちらへ
▼https://www.medicalresearch.co.jp/case/case-9/


【ご案内】弊社代表取締役 圓井 順子 書籍出版のお知らせ

これまで弊社で取り扱った様々な交通事故・医療過誤・意思能力案件について、
弊社が独自の視点で問題の本質を分析し、1冊の書籍にまとめたものが、
本年7月に河出書房新社より発売することが決定いたしました。

犬も歩けば棒に当たると言いますが、
人も歩けば、法律に当たると実感されることはないでしょうか?

平穏な日々の生活は、実は法律問題とすぐ隣り合わせでありながら、
いつ自分の身に起きるか予測できるものではありません。

実際の当事者たちの思い、弁護士の先生方の見解、
これまで2000件を超える事案を取り扱ってきた弊社が導き出した結論に至るまでのプロセスを纏めています。

いつかは書籍化したい。
そんな長年の構想を経て、読み応えのある1冊に仕上がる予定です。
ささやかではございますが、下記日程にて出版記念会を催す予定です。
ご参加ご希望の方は弊社までお問合せください。

日時:2018年7月20日(金) 18時30分より
会場:日比谷松本楼
主催:メディカルリサーチ株式会社
発起人:佐藤 俊彦 (メディカルリサーチ株式会社 顧問医)
来 賓:寺井 一弘 先生(日本弁護士連合会元事務総長)

詳細は随時お知らせして参ります。
▼https://www.medicalresearch.co.jp/


【株式会社船井総合研究所】 開催間近!労災セミナー

★★━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━★★
【5/12(土)】【緊急告知】
交通事故業務との高い親和性 事故型事案で収益安定を実現
★★━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━★★

先進的に、多くの実戦経験を有する弁護士の先生による実録と、
上記のような疑問にすべてお応えさせていただく、そんな機会をご用意しました。

【開催概要】
『労働災害業務のワンストップモデル新規参入セミナー』
2018年5月12日(土)13:00~17:00
場所:船井総合研究所 五反田オフィス
http://www.funaisoken.co.jp/access.html#03

詳細はこちら
▼https://www.medicalresearch.co.jp/news/2018/873/


【株式会社船井総合研究所】 開催間近! 交通事故人身傷害研究会

★★━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━★★
【4/21(土)】【第2回交通事故人身傷害研究会】
「医学領域の理解を深めて、自賠・裁判の実践に活かす方法」
★★━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━★★

今回の目玉トピックスは、
「医学領域の理解を深めて、自賠・裁判の実践に活かす方法」
過去に法律事務所向けに意見書作成実績を持つ現役整形外科の臨床医と、
これまでに多くの自賠・裁判対応により自所で磨き上げたノウハウを
複数の会員事務所様から、 ご講演・ご発表をいただく予定でございます。

【開催概要】
『医学領域の理解を深めて、自賠・裁判の実践に活かす方法』
2018年4月21日(土) 11:00~17:00
会場:船井総研 五反田オフィス
http://www.funaisoken.co.jp/access.html#03

※お試し参加をご希望の方は、
  tapiwsince2018@funaisoken.co.jpまでお問い合わせください。

詳細はこちら
▼https://www.medicalresearch.co.jp/news/2018/873/

==============================================
主宰 堀本悠(ほりもとはるか)/事務局 毛利優美(もうりゆみ)

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様にお会いできるの楽しみにしております。何卒宜しくお願い申し上げます。
※お試し参加をご希望の方は、
  tapiwsince2018@funaisoken.co.jpまでお問い合わせください。

▼http://samurai271.com/bengoshi/category/seminar