事例紹介1

事例1/事故か疾病か?転倒後の死亡・・・脳内出血の本当の原因を鑑定

患者は転倒し頭部を打撲。病院に搬送されたが数日後に死亡が確認された。搬送直後の頭部CT検査において脳出血が認められ、頭部打撲による脳出血で死亡したものと考えられた。この脳出血は転倒事故によるものか、あるいは内因性の出血で事故に至ったのか?

画像所見と臨床経過

脳室内にhigh density areaを認め、急性期の脳出血を示唆する所見であり、くも膜下出血あるいは脳出血による、脳室穿破している所見である。

パンタゴン脳槽にhigh density areaを認めます。くも膜下出血を示唆する所見です。周囲には、脳出血病巣を認めません。くも膜下出血の原因は、動脈瘤や脳血管奇形が多いので、これら血管異常を鑑別する目的で、造影CTを実施すべきですが、この症例では実施されていません。
不完全な検査であることが多いので、救急病院での対応に問題があるケースもあります。
本事案は転倒事故による脳内出血で死亡したと思われていたが、そうではなかった。

①明らかな頭部外傷や頭蓋骨骨折の所見は認められない。
②脳底槽および前橋槽に急性期の出血を認め、脳室穿破している。→外傷によるクモ膜下出血ではなく、動脈瘤の破裂による出血を示唆する所見。
※クモ膜下出血に関しては、どの動脈瘤の破裂によるものかは、鑑別できない。造影CTあるいは血管造影をこのあと実施するべきですが、検査が実施されていないので、動脈瘤を直接証明できていない。
③その他に異常を認めない。

本事案のポイント

本事案は、転倒事故による脳内出血で死亡したと思われていたが、そうではなかった。頭部CTでは、明らかな頭部外傷や頭蓋骨骨折の所見を認めないにも関わらず、脳底槽や前橋槽に急性期の出血を認められる事から、内因性のクモ膜下出血による事故と考えられる。
外傷性のくも膜下出血との鑑別や
外傷性脳出血との鑑別が必要だが、画像の丹念な鑑定業務で明らかになることが多い。