メディカルリサーチ株式会社

事例紹介一覧

  • 事故か疾病か?転倒後の死亡・・・脳内出血の本当の原因を鑑定

    患者は転倒し頭部を打撲。病院に搬送されたが数日後に死亡が確認された。搬送直後の頭部CT検査において脳出血が認められ、頭部打撲による脳出血で死亡したものと考えられた。この脳出血は転倒事故によるものか、あるいは内因性の出血で事故に至ったのか?

  • 事故か病気か・・・温泉入浴死の原因解明

    夫婦で温泉旅行に行った際、ご主人が大浴場に浮いているのを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。急性心不全発作の疑いが溺死の原因とされているのに死因の種類が病死ではなく外因死のため、事故原因の調査を行うことになる。

  • 密室内転倒事故における眼窩部外傷に関わるケース・・・眼窩内所見は偶然性を裏付けるか

    患者の転倒による怪我の保険金請求。損害保険会社は「目撃者のいない室内で起こった点や、怪我の画像診断の所見から故意によるもの」と請求を退けた。裁判では画像所見を検討究明することとなった。

  • MRIの画像描出は頚椎損傷を示唆する所見か?

    交通事故受傷から2年経過した段階で、患者から、後遺障害として頸髄損傷が遺残したと訴えがあった。訴えは、患者の主治医が、MRI検査画像に頸髄損傷の所見があると診断したことに基づいたものであったが、他医のセカンドオピニオンでは、画像描出は「アーチファクト」であるとの評価であった。主治医からは、ウィンドーレベルとウィンドー幅の相違や画像解像度、磁場の差から画像の診断の仕方が異なる旨の反論があったため、画像診断の専門医に客観的な立場から鑑定を求められた。

  • 交通事故による高次脳機能障害に関する症例

    2003年12月、被害者が自転車にて交差点を横断中に右折車両と衝突した。患者の意識はなく、病院へ搬送後CTおよびMRI検査が行われた。その後、患者の意識は戻り表面的には回復したかにみえたが、記憶、記銘力障害、集中力障害、多弁などがみられ元の職場での就労が困難となり、被害者請求にて『7級4号の高次脳機能障害に認定(自賠責)』されたものの、画像上で脳室拡大が明確でない等で、高次脳機能障害の存在自体が問題(争点)となった。

  • 前十字靭帯損傷は交通事故の受傷によるものか?

    交差点を左折する際に、左前方横断歩道の安全を確認するため一旦停止、その後、加速は行わずクリープ現象にて徐行前進していた際、歩行者を目視確認し、慌ててブレーキを踏んだが、運転車両が当該歩行者と接触してしまった。歩行者(被害者)は、本件事故にて右膝をボンネットに打ち当てたと主張し、内側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷の受傷。後遺障害12級13号が認定された。そこで依頼者より当該疾患が他覚的に認められるのか、また、それは事故に起因する病変なのかが争点化した。

  • 意思能力® 公正証書遺言に関わる事案

    某地方で食品製造企業を経営するA氏には、再婚した現在の妻と死別した前妻との間に生まれた実子(男性:長子)および現妻と前夫との間に生まれ養子縁組をした次子(男性)の同居家族がいた。A氏の後継者として専務取締役に就任し会社経営に携わっていた長子は、経営方針をめぐりA氏と対立したことを機に辞任し、A氏と別居することになった。しかし、A氏は、長子が辞任後も頻繁に長子に事業上の相談を続け、事実上、経営に参加させていた。

  • 【真実を読む】生前の意思能力鑑定 30年前の古傷が・・

    会社経営をしているAさん(52歳・男性)は今後の会社の株式譲渡や事業継承をトラブルなく行うため、メディカルリサーチによる意思能力鑑定を受けました。元来健康であり、健康診断や採血など日頃から健康には気を使っているAさん。まずはFDG-PET検査によって脳の器質的な脳機能状態を評価しましたが、その結果・・・

  • 【真実を読む】小児における高次脳機能障害の症例

    小児における頭部外傷は事故直後からこれまでにない問題行動が出現するパターンと、就学前においては、社会との接点や対人環境が増える就学時に学習障害や周囲との関係構築における問題が目立ち始めるケースとがあります。これらは稀な事案ではありませんが、MRIや事故後の意識レベルに問題がない判断され、後遺障害の認定結果は非該当となるケースが多くみられます。

  • 【真実を読む】増え続ける労災事案

    弊社への鑑定依頼ですが、今年は特に労災事案のご相談を多くいただいております。

    そのほとんどは、外国人案件者によるものです。工場や建築現場などブルーカラーと言われる類の業種で特に多発している印象です。今回は、そのうちの1事案を症例としてご紹介いたします。

  • 小児 医療過誤事案

    患児は、相手方病院にて骨髄異形成症候群(MDS)から移行する急性骨髄性白血病(AML)と診断されバンクドナーより非血縁骨髄移植(UBMT)し完全緩解。しかし、数年後に再発、治療を行うも寛解せず、相手方病院にて再度、非血縁骨髄移植(UBMT)を行い退院したが、翌月の検査にて末梢血に異常を認めハプロ移植。この頃から全身状態悪化を認め、入院。入院当日、左胸水穿刺施行、このとき胸水は血性で止血に時間を要した。この後、倦怠感、悪寒、血圧低下があり輸血開始。家人が再三ナースコールにて変調を訴えるが処置等なく、2時間後、心肺停止(CPA)にて心肺蘇生(CPR)試みるも死亡確認となった

  • 公正証書遺言の効力にも影響

    某地方で食品製造企業を経営するA氏には、再婚した現在の妻と死別した前妻との間に生まれた実子(男性:長子)および現妻と前夫との間に生まれ養子縁組をした次子(男性)の同居家族がいた。A氏が74歳の時にA氏は脳梗塞を発症し、以後リハビリのため、専門医療機関に長期入院となった。A氏の介護は現妻が行っていたが、当時は妻も体調が不良気味で満足に介護ができず、加えて水頭症の発症等A氏の経過も芳しくなく、痴呆症状も出現するようになった。

  • 【NEW】被相続人に遺言能力はあったのか

    S氏は生前、70代で公正証書遺言を作成していたにも関わらず、それ以降、3年の間に、3通の自筆証書遺言を残していた。
    S氏には複数名の法定相続人が存在しており、残された遺言書はそれぞれ異なる内容であった。
    S氏は、3通の自筆証書遺言を残したその間に、アルツハイマー型認知症として診断を受けており、認知症治療薬を服用開始していた。
    2通目の自筆証書遺言作成時(平成2年)と3通目の自筆証書遺言作成時(平成3年)、S氏に遺言能力はあったのか、S氏の死後、相続人同士が遺言書の有効性を争い訴訟に発展。
    原告側相続人からの鑑定依頼となった。

  • 【NEW】アルツハイマー型認知症だったのか

    A氏には息子が3名おり、三男と同居していたところ、同居する三男主導で、A氏名義の不動産の売却等が行われていた。
    この動きを不審に思った長男と次男が直接A氏の意向を確認しようとするも、面会はおろか電話で話すことすら出来ず、居場所も教えてもらえない状況であった。
    そのため、長男と次男は、A氏について後見開始の審判を申立てたが、三男はA氏と任意後見契約を締結していた。

  • 【NEW】多岐にわたる障害は本当にパワハラが原因といえるのか?

    A氏はB社に事務員として勤務中、指導中に椅子を蹴られたことで両下肢麻痺を訴えて整形外科を受診。器質的な異常は指摘されず、腰椎捻挫の診断を受け休職。
    一度は両下肢麻痺は改善するが、約1ヶ月後に再発。
    A氏は、パワーハラスメントを受けたことにより、両下肢不全麻痺および精神障害を生じたとして、B社を相手取り民事訴訟を提起。

  • 【NEW】精神疾患による長期療養。業務起因性と素因の影響を争う。

    C氏はD商店に入社し販売員業務に従事していたところ、時間外労働が増えてきた頃から徐々に精神面の不調をきたし、入社から約1年後に適応障害・抑うつ状態と診断された。
    診断から5ヶ月後にD商店を退職するが、その後も8年にわたって通院を継続し、就労が困難な状況が続いた。
    C氏は精神疾患を発症したのはD商店での長時間労働が原因であると主張し、D商店を相手取り民事訴訟を提起。

  • 【NEW】事故による後遺障害・死亡と事故との因果関係は肯定できるか?

    E氏は元々持病もなく、一人暮らしで日常生活における動作は全て自立されていた。
    E氏は買物途中に交通事故に遭い、骨盤・大腿骨・脛骨を骨折し、入院。大腿骨骨折に対し手術を受けた。その後、歩行障害が残存した状態での自宅退院は困難であるため、リハビリ目的に入院を継続。しかし入院中に体調が悪化し、後遺障害認定を受ける前に死亡した。
    E氏の死後、相続人が原告となり事故の相手方への損害賠償請求訴訟を提起。
    E氏が死亡しなかった場合の後遺障害等級、E氏の死亡と事故との因果関係が争点となった。

  • 【NEW】子どもの親権争い。母親には精神疾患があると認定できるのか。

    S氏とT氏は平成●年に結婚し、翌年、S氏は第一子である長女を出産した。
    長女の出生後、S氏とT氏は育児の内容などを巡って衝突することが増え不仲となった。
    また、S氏は時折、育児を放棄するような言動や精神疾患を疑うような異常な行動を行うことがあった。
    T氏はS氏に対して心療内科の受診を勧めたが、S氏は受診を拒否。
    そのような生活が続く中、T氏が仕事で不在にしている間に、S氏は長女を連れて遠方の実家へ戻り、直接連絡が取れなくなった。
    その後、S氏は家庭裁判所に離婚調停を申し立てた。

  • 【NEW】赤ちゃんに発生した硬膜下血腫。画像所見は虐待の証拠になるか?

    Mちゃんが繰り返す嘔吐のため救急搬送された病院にて急性硬膜下血腫と診断。
    入院中に状態悪化し、心肺停止。蘇生されるが低酸素脳症にて後遺症が残存した。
    Mちゃんが搬送された病院からの通報により、Mちゃんの急性硬膜下血腫がA氏からの虐待によるものはないかと疑われ、A氏は逮捕された。
    ※A氏には学生時代にパニック障害の既往があったが、治癒している。
    ※Mちゃんには痣や骨折など、その他身体的虐待を疑う所見は認められなかった。
    A氏の弁護士より、Mちゃんの頭部画像所見について、A氏の虐待による証拠となるのか、画像鑑定のご依頼となった。

  • 【NEW】交通事故後に長引く症状は脳脊髄液減少症か?

    K氏は事故の相手方を被告として損害賠償請求訴訟を提起。
    被告側は、K氏の脳脊髄液減少症の診断を否定。
    K氏の代理人弁護士より、K氏の「脳脊髄液減少症」診断の妥当性、後遺障害該当性について医学鑑定の依頼となった。

  • 【NEW】高齢者が車椅子移動中の転倒事故後に死亡。
    事故と死亡に因果関係はあるのか検討したケース

    O氏は高齢と持病により歩行困難な状態であり、普段から移動は車椅子にて介助されていた。
    介護施設にて介護士の介助のもと、車椅子で移動していたところ、スロープ部分でバランスを崩し車椅子ごと転倒。O氏は車椅子から投げ出され、頭部打撲などの傷害を負った。
    すぐに病院へ搬送され、頭部CT検査を受けるが、頭蓋内出血など外傷性の所見は認められなかった。
    しかし、CT検査から4時間後より意識障害を認め、呼吸状態が悪化。
    再度頭部CT検査を行うと脳幹部に出血が認められた。
    O氏は転倒事故から2日後に脳幹出血を直接死因として死亡した。
    O氏のご家族から相談を受けた弁護士より、転倒事故と脳幹出血との因果関係について精査希望の依頼となった。

  • 【NEW】脊髄空洞症とは?
    脊髄損傷との鑑別・外傷性か非外傷性かを画像所見から検討したケース

    Y氏の運転するバイクと普通自動車との衝突事故により受傷。
    受傷直後より、Y氏には四肢麻痺を認め救急搬送された。
    搬送先の病院で頚髄損傷と診断され、入院となる。
    約1ヶ月で退院し、通院にてリハビリを継続。
    約1年間のリハビリにて症状は少しずつ改善したが、頑固な手足の痺れが残存した状態で症状固定となった。
    自賠責保険では、後遺障害等級第14級9号と認定された。