意見書前相談・意見書作成の流れ

画像鑑定作成サービス

検査画像の提供

事案に関わる検査画像を医療機関から取り寄せください。 画像とご相談書、資料一覧兼受領書を記載の上、当社までご郵送ください。 (※画像の形態は、CD-ROMでと医療機関にご依頼ください) CD-ROMにて取り寄せが不可能な場合はフィルムでも構いません。当社にて画像のデジタル化処理等を行います。 当社では、診断のための適切な画像がない場合などには、「事案相談サービス」として、検査ができる医療機関のご紹介をしております。

鑑定システムへ検査画像を取り込みます

預かった検査画像を専用端末へ取り込みます。 取り込まれた画像を当社独自の鑑定システムに登録し、画像鑑定(=読影)に適した状態にアップロードします。 これを放射線科専門医が読影しレポートにします。 当社では、セキュリティを担保するため、すべての検査画像をデジタル化してデータベースに保存しています。

放射線科専門医による読影

画像診断の専門医である放射線科専門医が、画像鑑定を行います。 画像による診断は、専門性の高い読影能力が必要になります。 当社ではそれぞれの事案に応じ、頭部、胸部、整形領域、等々、専門性(サブスペシャリティ)をもった放射線科専門医が高精度な読影を行い画像鑑定サービスを提供します。

鑑定結果のレポート提出

サブスペシャリティの放射線科医が行った画像鑑定をレポートとして提出いたします。画像鑑定書には読影した医師の氏名を明記いたしますので、信頼性と質の高いレポートの入手が可能です。 この画像鑑定の結果に基づき、意見書や鑑定書の有効性ついて検討ください。

意見書・鑑定書作成サービス

意見書・鑑定書作成サービス

各種事案に適する専門医(耳鼻科・甲状腺科・産科・婦人科・泌尿器科・小児科・放射線科・外科など)が意見書・鑑定書を作成します。 当社では画像鑑定から意見書までワンストップで効率的なトータルサポートが提供できます。

事案相談サービス

現在までの画像検査が必ず十分な検査であるとは限りません。 特に交通事故事案などでの神経損傷や脳機能の評価や筋電図検査など原因を精査する上でより高精度の画像や特殊な検査が望まれるケースが少なからずあります。 当社では、より精細な画像を得ることができる最新画像診断装置のある医療機関や検査施設等のご紹介を支援いたします。

ご相談書・資料一覧兼受領書のダウンロード